脇差 (銘) 備州長船家助     室町時代  備前国
       康正二年八月日

      菖蒲造り庵棟、刃長35.8p 、反り0.9p、元巾2.5、先巾2.2センチ
       元重ね3、先重2ミリ、表裏に棒樋の彫刻がある。
       地鉄、板目に流れ柾目交じり、淡く映り立つ。      
       刃紋、直刃。
       帽子、丸く返る。
       茎、うぶ茎、栗尻、勝手下がりヤスリ。
 
     
       小反派の刀工で、本作は
三代目の作品です。







    白鞘付     保存刀剣鑑定書付
    しのぎ刀剣美術館