脇差 (銘) 濃州関住兼房     室町時代  美濃国
       

      平造り庵棟、刃長31.4p (1尺0寸3分6厘)、反り0.4p (1分3厘弱)、元巾3.0、先巾2.5センチ
       元重ね6、先重5ミリ、表に護摩樋、裏に棒樋の彫刻がある。
       地鉄、板目に木目交じり。      
       刃紋、匂い口締まり心の互の目乱れ。
       帽子、先、丸く返る。
       茎、うぶ茎、栗尻、筋違いヤスリ。
 
     
       
氏房の父、兼常門人、永禄−天正頃。



 



 白鞘付     保存刀剣鑑定書付
    しのぎ刀剣美術館