薙刀 (銘) 平安城石道助利     江戸初期  山城国
       

      薙刀造り庵棟、刃長37.4p (1尺2寸3分4厘)、反り2.2p (7分2厘)、元巾2.7、先巾3.2センチ
       元重ね7、先重2ミリ。薙刀樋の彫刻あり。
       地鉄、小板目に詰む。      
       刃紋、互の目乱れ。
       帽子、小丸く返る。
       茎、うぶ茎、化粧筋違いヤスリ。
 
     
       紀州石堂派の鍛冶
で、京に移住。三代続き、本作は二代目の八左衛門の作と思われます。




 



    白鞘付     日本刀剣保存会鑑定書付 拡大写真
    しのぎ刀剣美術館