脇差 (銘) 於江戸勝村徳勝作     江戸時代  常陸国
        元治二年二月日
       

      平造り庵棟、刃長31.2p (1尺0寸3分)、反り0.2p (0分6厘)、元巾3.0、先巾2.5センチ
       元重ね7、先重5ミリ。
       地鉄、柾目流れ心。      
       刃紋、太直刃、刃縁ほつれ、刃中 金線、砂流しかかる。
       帽子、掃き掛け心に丸く返る。
       茎、うぶ茎、切りヤスリ。
 
     
       
初代。水戸藩抱え工。白旗山の水戸藩武器製造所勤務。俗名:勝村彦六。




 全身写真



    白鞘、外装付     特別貴重刀剣認定書
    しのぎ刀剣美術館