脇差 (銘) 武州住広重      江戸時代   武蔵国
       

      本造り庵棟、刃長52.4p (1尺7寸3分)、反り1.2p (3分9厘)、元巾2.8、先巾2.4センチ
       元重ね6、先重5ミリ、尋常な造り込みです。
       地鉄、板目流れて刃寄り大いに柾がかる。      
       刃紋、小沸付く互の目乱れ。
       帽子、先、小丸に返る。
       茎、うぶ茎、切りに近い勝手下がりヤスリ。
 
     
       
下原派の代表的刀工で、本作は寛文頃の作品です。




    白鞘付     日本刀剣保存会正真鑑定書付
    しのぎ刀剣美術館