刀 (銘) 兼 元         江戸時代   美濃国
       

      本造り庵棟、刃長67.8p (2尺2寸4分)、反り1.4p (4分)、
       元巾3.0、先巾2.4センチ、元重ね6、先重5ミリ。身幅重ね共に尋常な姿です。
       地鉄、小板目に刃寄り柾目こころ。      
       刃紋、小沸付く尖り互の目、刃中足入り、三本杉風となる。
       帽子、直ぐに、先、小丸に返る。
       茎、うぶ茎、筋違いヤスリ。地刃健全で出来も良いです。
 
     
       
美濃国関派の刀工で、本作は文政頃の作品と鑑定されています。       




    外装.白鞘付     日本刀剣保存会−正真鑑定書付
    しのぎ刀剣美術館