刀 (銘) 摂州住権田則秀      昭和時代   大阪府
       

      本造り庵棟、刃長74.2p (2尺4寸4分8厘)、反り1.7p (5分6厘)、
       元巾3.1、先巾2.6センチ、元重ね6、先重5ミリ。
       地鉄、柾目肌よく詰む。      
       刃紋、匂い口締まる互の目乱れ。
       帽子、乱れ込み、先、尖り心に返る。
       茎、うぶ茎、化粧筋違いヤスリ。
 
     
       
権田甲子男、宝塚市川面4−9−1在住、入選数回。




    外装付     しのぎ刀剣美術館 正真保証