太刀 (銘) 実 行          室町時代   豊後国
       

      本造り庵棟、刃長68.8p (2尺2寸7分)、反り2.2p (7分3厘)、
       元身巾2.8、先巾2.1センチ、元重ね6、先重4ミリ。
       地鉄、小板目に木目交じり。      
       刃紋、細直刃。
       帽子、乱れ込み、先、小丸に返る。
       茎、うぶ茎、勝手下がりヤスリ。
 
     
       
高田派刀工で、名鑑には同派の実行を数名記していますが、本作は2代目の作品と思われます。
       同銘は新刀期の寛文頃まで続きました。






    外装.白鞘付     日本美術刀剣保存協会−保存刀剣鑑定書付
    しのぎ刀剣美術館      日本美術刀剣保存協会−特別貴重小道具認定書付