脇差 (銘)  武州住康重         安土桃山時代    武蔵国
        

      本造り庵棟、うぶ茎、刃長46.5p 、反り1.25p。
      元巾2.6p、先巾2.2p、元重ね5o、先4o。
       地鉄、板目流れ柾目交じり。
      刃紋、小沸でき互の目乱れ。
       帽子、乱れ込み、先、掃けて返る。  
      茎、うぶ茎、切りヤスリ。
      
      下原派の刀工で、代別は困難であるが二代目と見て差し支えなかろう。





  外装付  保存刀剣鑑定書付き 
     
  
  しのぎ刀剣美術館