(銘)  摂住住人秀久作        平成時代    摂津国
      平成八年九月日
  

      本造り庵棟、刃長70.8p 、反り2.0p。
      元巾3.2p、先巾2.8p、元重ね7o、先6o。
       地鉄、大板目に木目交じり。
      刃紋、小沸でき大互の目乱れ。
       帽子、一枚。  
      茎、うぶ茎、化粧筋違いヤスリ。
      
      秀久は兵庫県宝塚の刀匠(物故作家)で斬れ味よく人気がある、本作は抜刀に最適です。            






  外装付   抜刀用に最適、鞘を払って1.22キログラム。
     
  
  しのぎ刀剣美術館