短刀 (銘)  宝山国長        江戸末期    豊後国
       嘉永四年八月日 


      平造り三棟、刃長28.2p 、反り0.1p。表に素剣に梵字、裏に八幡大菩薩の文字彫刻がある。
      元巾2.6p、先巾2.2p、元重ね6o、先5o。
       地鉄、板目、地景現れる。
      刃紋、小沸付く互の目乱れ、刃中金線、砂流し盛んに働く。
       帽子、先、掃き掛けて返る。  
      茎、うぶ茎、切りヤスリ。
      
      俗名は石田政助、豊後国高田派の良工。            





  白鞘付  日本刀剣保存協会特別貴重刀剣認定書付き 
     
  
  しのぎ刀剣美術館