脇差 (銘)  酒井一貫斎繁政彫同作     昭和時代    武蔵国
       昭和五十三年三月三日
 

      本造り庵棟、刃長54.2p 、反り0.9p。表に龍、裏に素剣の彫刻がある。
      元巾3.0p、先巾2.7p、元重ね6o、先5o。
       地鉄、小板目に木目交じり。
      刃紋、小沸でき互の目乱れ、刃中足入る。
       帽子、乱れ込み、先、小丸に返る。  
      茎、うぶ茎、切りヤスリ。
      
      俗名は酒井寛、静岡県音羽町生まれ、笠間繁継門人、東京板橋の鍛練所から埼玉県比企郡へ移住。
      備前伝を中心とし、彫刻も得意とした。
   





  外装.白鞘付  しのぎ刀剣美術館正真保証付き 
     
  
  しのぎ刀剣美術館