短刀 (銘)  友 重 作        江戸時代末期    加賀国
        

      平造り庵棟、刃長29.4p 、反り0.3p。
      元巾2.8p、先巾2.5p、元重ね6o、先4o。
       地鉄、板目に木目交じり、棟寄り柾目がかる。
      刃紋、互の目乱れ。
       帽子、先、小丸に返る。  
      茎、うぶ茎、切りヤスリ。
      
      加賀国藤嶋派の刀工で、先祖は山城国来国俊の門人です。
      南北朝初期頃から十二代目に相当する幕末の友重まで繁栄しました。            







白鞘付  刀剣保存会鑑定書付き 
     
  
  しのぎ刀剣美術館