脇差 (銘) 正宗二十代孫 相州住綱広    明治時代    神奈川県
        

      本造り庵棟、刃長36.0p 、反り0.7p。
      元巾2.5p、先巾2.0p、元重ね7o、先5o。
       地鉄、小板目詰み地沸付く。
      刃紋、小沸付く互の目乱れ。
       帽子、先、掃掛けて返る。  
      茎、うぶ茎、化粧筋違いヤスリ。
      
      綱広の銘文は室町時代の天文頃に始まり、現代まで続いています。
      本作は俗名「山村繁之丞」十三代目綱広の作品です。
      なお、銘文が正宗三十代と誤読されているようです。            






  白鞘付  刀剣保存会鑑定書付き 
     
  
  しのぎ刀剣美術館