刀 (銘)  但州出石法城寺国宗       江戸時代末期    但馬国
        

      本造り庵棟、刃長70.0p 、反り1.0p。元巾3.0p、先巾2.5p、元重ね6o、先重ね5o。
       地鉄、少板目。
      刃紋、互の目足入り。
       帽子、直ぐに、先、小丸に返る。  
      茎、うぶ茎。
      
      俗名:但馬国法城寺派の刀工は南北朝時代の国光に始まる流派で、国宗は文化頃の刀工です。                





  白鞘付  保存刀剣鑑定書付き 
     
  
  しのぎ刀剣美術館