短刀 (銘)  一心子利光     江戸時代末期    武蔵国
        

      平造り庵棟、刃長27.6p 、反り−p。元巾2.6p、先巾2.2p、元重ね8o、先重ね7o。
       地鉄、柾目流れる。
      刃紋、沸出来のたれ刃に互の目交じり。
       帽子、小丸に返る。  
      茎、うぶ茎、化粧筋違いヤスリ。地刃健全で出来も良い。
      
      名鑑によれば、水心子門流で作刀地は武蔵国とある。
      埼玉行田の忍藩刀工「一心子」を思い起こされる。
  




 拡大  拡大



  白鞘付  保存刀剣鑑定書付き 
     
  
  しのぎ刀剣美術館