脇差 () 額銘 家 次 作    室町時代   加賀国
              

      本造り庵棟、刃長48.2p、反り1.0p、表裏に棒樋の彫刻がある。
     元身幅2.5cm、先身幅2.1cm、元重ね6o、先重ね5o
     地鉄、小板目に木目交じり総体に鉄色が黒い。      
     刃紋、小沸出来、互の目足入り、金線、砂流し掛かり、二重刃こころがある。
     帽子、先、やや掃け心に返る。
     茎、大磨上、銘文は額銘となる。

 
    加賀国橋詰派の刀工で、初代は応永頃、本作は文明頃の作品で、備中国青江に似ている
    作品があるので「加賀青江」と云われている。  業物





                   ハバキ上15p位の所 ↑

    白鞘付    特別貴重刀剣認定書付
    
しのぎ刀剣美術館