脇差 () 奥州会津住長善        江戸時代   陸奥国
              

      本造り庵棟、刃長58.9p、反り1.3p
     元身幅3.0cm、先身幅2.4cm、元重ね7o、先重ね5o。
     地鉄、小板目詰み地沸付く。      
     刃紋、整然とした直刃。
     帽子、直ぐに、先、小丸に返る。
     茎、うぶ茎、筋違いヤスリ。

 
    
伊予国から移住した刀工で、同名は三代続きました。
     本作は二代の作品で、銘文の長善は初期銘で、後に長吉と刻銘しました。







    白鞘付    特別貴重刀剣認定書付
    
しのぎ刀剣美術館