刀 () 筑州住左信光    昭和時代   福岡県
      日本号 五
          

      本造り庵棟、刃長68.6p、反り1.6p
     元身幅3.4cm、先身幅2.8cm、元重ね5o、先重ね4o。
     地鉄、板目に木目交じり地沸付く。      
     刃紋、小沸出来、互の目乱れ、刃中足入り、金線、砂流し掛かる。
     帽子、先、掃けて返る。
     茎、うぶ茎。

 
    
俗名「小山信光」守次門人、明治6年12月26日生まれ。
     日本号の由来書付によれば、本刀の兄弟刀は伊勢大社に奉納されていて、
     帝展に入選し無双逸物の誉れ高き名刀である。と記されている。







    白鞘付 刀身拡大 部分拡大  日本刀剣保存協会貴重刀剣認定書付
    
しのぎ刀剣美術館