脇差 () 菊紋 豊後守助宗    江戸時代   駿河国
              

       本造り庵棟、刃長53.2p、反り0.8p
     元身幅3.0cm、先身幅2.4cm、元重ね7o、先重ね5o。
     地鉄、小板目詰む。      
     刃紋、小沸出来、腰刃に上は直刃調子。
     帽子、直ぐに、先、やや掃け心に丸く返る。
     茎、うぶ茎、筋違いヤスリ。

    
    
三代目助宗、江戸初期の刀工で、これ以降の助宗は信濃国へ移住しました。





    白鞘付    保存刀剣鑑定書付
    
しのぎ刀剣美術館