太刀 (銘)  浄雲斎羽山円真造之      明治時代    武蔵国
       明治四十三年二月日
 

      本造り丸棟、うぶ茎、刃長67.1p 、反り1.4p、元巾2.6p、先巾2.0p、元重8o、先5o。
       地鉄、良く詰んで無地風。
      刃紋、直刃。
       帽子、直ぐに、先、丸く返る。  
      茎、うぶ茎、雉股型、突っ掛け筋違いヤスリ。

     初名「正寛」、鈴木正雄門人、江戸谷中住、豊橋藩士、大正9年75才没






  白鞘付  保存刀剣鑑定書付き 
     
  
  しのぎ刀剣美術館