短刀 (銘)  千手院      美濃国赤坂千手院    室町時代    美濃国
        

      平造り庵棟、刃長27.5p、反り−p。内反り。
      元巾2.8p、先巾2.4p、元重ね6o、先4o。
       地鉄、板目流れて正こころ。
      刃紋、直刃。
       帽子、先、焼き詰め。  
      茎、うぶ茎、ヤスリ目は勝手下がり。

     大和国千手院に属していた鍛冶集団で平安時代から室町時代まで続いたようである。
      室町時代になると美濃国赤坂へ移住して赤坂千手院と呼ばれた。
      銘文は個名を切らず、本作のように千手院とのみ刻した物が殆どです。






  白鞘付  特別貴重刀剣認定書付き 
     
  
  しのぎ刀剣美術館