脇差 (銘)  備中守橘康広         江戸時代    摂津国
       菊紋
 

      本造り庵棟、刃長52.6p 、反り0.7p。表に二筋樋、裏に棒樋の彫刻がある。
      元巾2.9p、先巾2.5p、元重ね6o、先5o。
       地鉄、小板目。
      刃紋、直ぐ焼き出しに丁字乱れ、刃中明るく冴えて足入る。
       帽子、先、小丸。  
      茎、うぶ茎、ヤスリ目は筋違い。

     本国は紀伊国、土佐将監為康の次男、始め「安広」後に康広に改名。
       大坂に出て大阪石堂の元祖となる。 業物。




  白鞘付  刀剣保存会鑑定書付き 
     
  
  しのぎ刀剣美術館