脇差 (銘)  兼 則     室町時代(永禄〜慶長)  越前国
       雁金平土マデ
       

      平造り庵棟、刃長34.8p、反り0.6p。
      元巾3.0p、先巾2.6p、元重ね7o、先6o。
       地鉄、大板目流れて柾かかる。
      刃紋、互の目乱れ。
       帽子、乱れて返る。  
      茎、うぶ茎、勝手下がりヤスリ。

     美濃国の兼則は同名工が数人居たようで、それぞれが各地に移住しています。
      本作は土壇場での試斬で対象物を切り抜き、下の土にまで達したことを意味する旨の
      試し銘を金象嵌で示してあります。




  白鞘付  保存刀剣鑑定書付 
     
  
  しのぎ刀剣美術館