脇差 (銘)  丹波守照門   江戸時代(万治頃)  美濃国
              

      本造り庵棟、刃長53.6p、反り0.8p。
      元巾2.9p、先巾2.3p、元重ね6o、先5o。
       地鉄、小板目。
      刃紋、大互の目棟焼き交じり。
       帽子、一枚風で、先掃ける。  
      茎、うぶ茎。一本突きの荒い筋違いヤスリ。

    俗名は宗九郎。関善定の氏房が名古屋に移住後、同派の代表となり、関の鍛冶頭をつとめる。
     初名は兼門。万治二年丹波大掾を受領して「照門」と改名。万治初年、丹波守を受領。
     照門銘は初代のみで、以降は「兼門」と刻銘したようです。





  白鞘付   保存刀剣鑑定書付 
     
  
  しのぎ刀剣美術館