刀 (銘)  兼 元       室町時代(元亀頃)  美濃国
              

      本造り庵棟、刃長66.5p、反り2.0p。
      元巾2.9p、先巾2.4p、元重ね5o、先4o。表裏に棒樋の彫刻がある。
      地鉄、板目に柾目交じり。
      刃紋、互の目乱れに尖り刃交じり。
       帽子、乱れ込み、先、丸く返る。  
      茎、うぶ茎。鷹羽ヤスリ。

    美濃国には赤坂の兼元の他に同名の刀工が数人居たようです。
      この兼元は赤坂の兼元とは違うので「別人」として鑑定されています。





 白鞘付   保存刀剣鑑定書付 
     
  
  しのぎ刀剣美術館