脇差 (銘)  兼 元   孫六二代 室町時代(天文頃)  美濃国
              

      平造り庵棟、刃長37.2p、反り0.6p。
      元巾3.0p、先巾2.8p、元重ね6o、先5o。
       地鉄、板目流れて柾がかり、総体に白気る。
      刃紋、三本杉風の尖り互の目。
       帽子、小丸に返る。  
      茎、うぶ茎。檜垣ヤスリ。

    兼元の名跡は、初代の室町時代から現在まで受け継がれておりますが、孫六と称される刀工は兼元二代です。
      本作は、孫六の二代目で、通算兼元三代目に該当する刀工です。




 さしこみ研磨。


  白鞘付   刀剣保存会鑑定書付 
     
  
  しのぎ刀剣美術館