刀 (銘)  兼 氏       室町時代(天正頃)  美濃国
              

      本造り庵棟、刃長62.6p、反り1.7p。
      元巾2.7p、先巾2.3p、元重ね6o、先5o。
       地鉄、板目、木目交じり肌立ち心。
      刃紋、尖り互の目、三本杉風となる。
       帽子、乱れ込み、先、掃けて返る。  
      茎、うぶ茎。鷹羽ヤスリ。





蜻蛉の目貫は現代製です。


  外装付   保存会正真鑑定書付 
     
  
  しのぎ刀剣美術館