太刀 (銘)  武蔵国松原源英一         昭和時代−埼玉県  
       昭和六十一年十一月吉日
       

      本造り庵棟、刃長76.1p、反り2.8−p、元巾3.1p、先巾2.6p、元重ね7o、先5o。
      表裏に棒樋の彫刻がある。
       地鉄、小板目詰み木目交じり。
      刃紋、匂い口締まる互の目丁字乱れ。
       帽子、乱れ込み、先小丸。  
      茎、うぶ茎、化粧に筋違ヤスリ。
      柳川直弘門人で、直弘を襲名するも後進にその名を譲り、本名の英一を名乗る。
      鍛練道場は、群馬県松井田町にある。





  白鞘付   現代刀匠 
     
  
  しのぎ刀剣美術館