脇差 (銘)  濃州関住兼光         室町時代(天正頃)−美濃国  
              

      本造り庵棟、刃長50.0p、反り1.1p、元巾2.8p、先巾2.4p、元重ね6o、先5o。
      地鉄、小板目、白気映り立つ。
      刃紋、互の目乱れ。
       帽子、湾れ込み、丸く返る。  
      茎、うぶ茎尻、刃区送り、檜垣ヤスリ。

      兼光の初祖は大和国手掻派の刀工で、始め包光と名乗っていたが室町初期頃に美濃国へ移住して
      兼光と改名した、と伝えている。




  白鞘付   日本刀剣保存会鑑定書付。
     
  
  しのぎ刀剣美術館