脇差 (銘)  兼 住         室町時代(永正−天文頃)−美濃国  
              

      鵜首造り庵棟、刃長48.8p、反り1.5p、元巾2.6p、先巾2.0p、元重ね5o、先4o。
      身幅元来の細身で表裏に角留めの腰樋の彫刻がある。
       地鉄、小板目詰む。
      刃紋、匂い口締まる直刃、互の目混じる。
       帽子、直ぐに丸く返る。  
      茎、うぶ茎、鷹の羽ヤスリ。
 
      奈良派の刀工で、同銘は幕末まで続いた様です。







  時代外装付   特別貴重刀剣認定書付
     
  
  しのぎ刀剣美術館