脇差 (銘) 伊賀守藤原金道   後代      江戸時代−山城国  
      菊紋.雷除 日本鍛冶宗匠
        

      本造り庵棟、刃長39.9p、反り0.4p、元巾2.8p、先巾2.5p、元重ね6o、先4o。
      地鉄、小板目。
      刃紋、互の目乱れ。
       帽子、先丸く返る。  
      茎、うぶ茎、切ヤスリ。

     「雷除」の字を刻するのは五代目以降です。
     






  鍔 赤銅磨地、雲龍図金象嵌

  特別貴重証付の外装付   刀身は貴重刀剣証付

   上研磨仕上がり品、傷欠点なし。     
  
 
   しのぎ刀剣美術館