槍 (銘)  信国源吉定         江戸時代(元和頃)−筑前国  
              

      平三角、刃長28.6p、反り-p、元巾2.3p、先巾2.1p、元重ね7o、先5o。
      裏に棒樋の彫刻がある。
       地鉄、小板目詰み無地風。
      刃紋、直刃。
       帽子、先、丸く返る。  
      茎、うぶ茎、切ヤスリ。 

     俗名は常吉、筑前信国正統で十二代目と云う、初銘「吉定」黒田長政に仕えて吉貞とも刻する。 




  外装.白鞘付   保存刀剣鑑定書付。
     
  
  しのぎ刀剣美術館