刀 (銘)  祐 定         室町時代−備前国  
              

      本造り庵棟、刃長64.2p、反り1.6p、元巾3.1p、先巾2.5p、元重ね8o、先5o。
      地鉄、板目に木目交じり。淡く断続的に映り立つ。
      刃紋、腰開き互の目に丁字交じり、物打ち辺少し沈み心。
       帽子、乱れ込み、先<尖って返る。  
      茎、うぶ茎、勝手下がりヤスリ。 
      
      祐定を名乗る刀工は数十人に及びますので特定することは困難ですが、本作は天正頃の
      物と鑑定されている祐定です。




  白鞘付 銀無垢ハバキ  得能一男鑑定書付
  
   刀身は無傷で綺麗です。
     
  
  しのぎ刀剣美術館