脇差 (銘)  兼 道         室町時代(天正頃) − 美濃国  
              

      本造り庵棟、刃長43.2p、反り0.5p、元巾2.8p、先巾2.3p、元重ね6o、先5o。
      地鉄、板目に木目交じり。
      刃紋、互の目乱れ、刃中足入る。
       帽子、先、掃け心に丸く返る。  
      茎、うぶ茎、檜垣ヤスリ。
    
      名鑑によれば、兼道を刻する刀工は古刀期の美濃国に6工いるようです。
      中でも三阿弥派と志津の末裔と称す三品金道の父として知られる兼道らが居ますが
      本作は天正頃の刀工と思われます。




  白鞘付   日本刀剣保存会鑑定書付
     
  
  しのぎ刀剣美術館