槍 (銘)  越中守来貞幸         江戸時代−尾張国  
              

      両鎬造り、刃長13.2p、反り−6p、元巾1.9p、先巾1.9p、重ね4o。
      外装の長さは270p位です。
      地鉄、小板目柾目交じり、地沸付く。
      刃紋、太直刃足入り。
       帽子、丸く返る。  
      茎、うぶ茎
      
      貞幸は二代続いた尾張の刀工で、本作は初代の作品です。



  外装付 白鞘は柄のみで鞘は欠  刀身は無傷ですが錆びがある。
     
  
  しのぎ刀剣美術館