刀 (銘) 猪 広重      江戸時代   武蔵国
        
      [体配]、本造り庵棟、 刃長53.4p 反り1.2p、元幅3.0、先幅2.5p、元重7、先重5o。
       [彫刻]、無し。
       [地鉄]、板目に木目交じり。
       [刃紋]、大互の目みだれ、濤乱刃風となる。
       [帽子]、直ぐに、先、丸く返る。 
       [茎、]、うぶ茎、筋違ヤスリ。

       猪は摩利支天の化身、又は愛宕神社の使いと言われていますが、刀鍛冶の銘文としては珍しい。
       猪広重は下原派の因幡守広重二代目同人説が有力である。



    外装.白鞘付  日本刀剣保存会鑑定書   
     
しのぎ刀剣美術館