刀 (銘) 兼 吉      昭和初期   愛知県
        昭和二十年五月日

      [体配]、本造り庵棟、 刃長63.6p 反り1.5p、元幅3.0、先幅2.7p、元重7、先重5o。
       [彫刻]、無し。
       [地鉄]、小板目詰む。
       [刃紋]、丁字乱れ足入り。
       [帽子]、乱れ込み、焼き詰める。 
       [茎、]、うぶ茎、鷹の羽ヤスリ。

       俗名は松原正蔵、中田兼秀の弟、大正10年生まれ、旧日本海軍受命刀匠、愛知県葉栗郡木曽川町松山住。
     昭和41年没。












    
    外装付  保証品
     
しのぎ刀剣美術館