脇指 (銘) 備州長船祐定      室町時代.天正頃    備前国
        
      [体配]、本造り庵棟、 刃長53.5p 反り1.0p、元幅2.8、先幅2.3p、元重6、先重5o。
       [彫刻]、無し。
       [地鉄]、板目に木目交じり。
       [刃紋]、腰開き互の目。
       [帽子]、湾れ込み、先、小丸。 
       [茎、]、うぶ茎、勝手下がりヤスリ。

       銘鑑によれば祐定を名乗る刀工は数十工いるので、個別に判別することは困難です。
       しかし、それだけに研究心をあおられる一振りです。




    外装付  保存協会貴重刀剣認定書     
     
しのぎ刀剣美術館