脇指 (銘)  一 秀      江戸時代   羽前国
             
天保三年二月日

      [体配]、本造り庵棟、 刃長42.5p 反り1.1p、元幅2.8、先幅2.4p、元重5、先重4o。
       [彫刻]、無し。
       [地鉄]、小板目詰む。
       [刃紋]、太直刃。
       [帽子]、直ぐに、先、小丸に返る。 
       [茎、]、うぶ茎、化粧に筋違ヤスリ。

       俗名は
池田清内、羽前国鶴岡住、水心子正秀門人、酒井家抱え工、運寿斎といい、入道して龍軒と号す。
       天保12年没(69才)と言う。



    白鞘付  保存刀剣鑑定書
     
しのぎ刀剣美術館