大小一腰

 大刀 (銘) 堀井胤匡      昭和−平成   北海道
        昭和六十一年寅月吉日

      [体配]、本造り庵棟、 刃長74.5p 反り1.9p、元幅3.2、先幅2.6p、元重7、先重6o。
       [彫刻]、表裏に棒樋の彫刻がある。
       [地鉄]、小板目詰む。
       [刃紋]、互の目丁字乱れ、刃中足入る。
       [帽子]、小丸。 
       [茎、]、うぶ茎、化粧に筋違ヤスリ。

 
小刀 (銘) 堀井胤匡      平成初期   北海道
           平成二年十一月日

     [体配]、本造り庵棟、 刃長45.7p 反り0.9p、元幅3.0、先幅2.5p、元重7、先重5o。
       [彫刻]、表裏に棒樋の彫刻がある。
       [地鉄]、小板目詰む。
       [刃紋]、互の目丁字。
       [帽子]、乱れ込み、先、小丸。 
       [茎、]、うぶ茎、化粧に筋違ヤスリ。

       俗名は堀井重克、堀井胤次の長男で堀井俊秀の甥、室蘭市高平町住、居合道六段。
       日本刀展にて入選。



    外装付  
     
しのぎ刀剣美術館