脇指 (銘)  山城大掾国重      江戸中期    武蔵国
        
      [体配]、本造り庵棟、 刃長51.2p 反り1.3p、元幅3.0、先幅2.4p、元重7、先重5o。
       [彫刻]、無し。
       [地鉄]、小板目、地沸付く。
       [刃紋]、のたれ、刃中、金線、砂流しかかる、棟焼きがある。
       [帽子]、先、掃き掛け、返りは深い。 棟焼きが有る。 
       [茎、]、うぶ茎、筋違ヤスリ。

       江戸水田国重の作品です。



    
    外装.白鞘付  保存刀剣鑑定書付
     
しのぎ刀剣美術館