脇差 (銘)  信濃守源信吉          江戸時代 (延宝頃)       山城国
        
      [体配]、本造り庵棟、身幅広めで重ねも厚めで豪壮な感じの造り込み。
            刃長44.0p 反り1.0p、元幅3.4、先幅2.8p、元重7、先重5o。
       [彫刻]、無し。
       [地鉄]、板目。
       [刃紋]、五の目乱れ、良く沸付いて刃中砂流し盛んにかかる。
       [帽子]、直ぐに、先、小丸返り 
       [茎、]、うぶ茎、化粧に筋違ヤスリ。

       二代目の傑出した作品です。





    白鞘付  人間国宝.藤代松男鑑定書付
     
しのぎ刀剣美術館