刀 () 関住兼重          室町時代(享禄頃)   美濃国
                         

        本造り庵棟、刃長60.2p 、反り2.3p、元巾3.0、先巾2.5センチ、元重ね5o、先重ね4o
      表裏の腰元に棒樋に添え樋の彫刻がある。
      地鉄、板目に木目混じり、総体に肌立ちて白気心がある。      
      刃紋、小沸付く互の目乱れ、刃中に金線、砂流し働き足入る。
      帽子、のたれ込み、先、小丸に返る。
      茎、うぶ、檜垣ヤスリ。
 




    白鞘付 銀無垢ハバキ付、 日本刀剣保存会鑑定書付
    
しのぎ刀剣美術館  参考全身写真