刀 () 南都住金房兵衛尉政次       室町時代(弘治頃)   大和国
                         

        本造り、刃長65.5p 、反り1.9p、元巾2.8、先巾2.4センチ、元重ね6o、先重ね4o
      表裏腰元に棒樋に添え樋。
      地鉄、板目流れて柾目まじり。    
      刃紋、中直刃に互の目交じり、刃中足入る。
      帽子、直ぐに小丸に返る。
      茎、うぶ茎、勝手下がりヤスリ。
 






    白鞘付 銀着せ一重ハバキ付 刀剣保存会鑑定書
    
しのぎ刀剣美術館  参考全身写真