刀 () 酒井一貫斎繁政          昭和時代  埼玉県
     昭和四十年中秋 山本昌先生
                   

        本造り、刃長74.0p 、反り2.0p、元巾3.7、先巾2.8センチ、元重ね7o、先重ね5o
      表裏に棒樋の彫刻がある。樋の中に僅かな埋め鉄がある。
      地鉄、小板目詰む。      
      刃紋、小沸つくも匂い勝ちの互の目丁字乱れ、足入り。
      帽子、乱れこみ小丸に返る。
      茎、うぶ茎、切りヤスリ。
 





  

    外装、白鞘付 金着せ一重ハバキ付   日本刀剣保存会鑑定書付き
    
しのぎ刀剣美術館  参考全身写真