脇差 (銘)  兼 法          江戸時代 (寛永頃)    美濃国
        
      [体配]、本造り庵棟、 身幅やや細めで重ねは尋常、反り高く中切っ先で上品な姿の造り込み。
            刃長60.4p 反り1.3p、元幅2.6、先幅2.2p、元重6、先重5o。
       [彫刻]、無し。
       [地鉄]、板目に木目混じり。
       [刃紋]、互の目乱れ、矢筈刃まじり。
       [帽子]、先、掃き掛けて返る。 
       [茎、]、うぶ茎、鷹の羽ヤスリ。
      
       美濃国神戸住、地刃共に美濃伝の特色を遺憾なく発揮している一振りです。








    白鞘付  日本刀剣保存会鑑定書付
     
しのぎ刀剣美術館