短刀 (銘)  兼 友      室町時代 (天文頃)    美濃国
        
      [体配]、平造り庵棟、 刃長28.6p、反り0.3p、元幅2.4p、先幅2.2p、元重5o、先重4o。
       [彫刻]、表裏に棒樋。
       [地鉄]、板目柾目交じり。
       [刃紋]、兼房乱れ。
       [帽子]、乱れ込み、地蔵風。 
       [茎、]、うぶ茎、檜垣ヤスリ。
      
       兼友は三阿弥派の刀工で、和泉守を受領したというが、和泉守銘の兼友は未だ発見されていない。      




    白鞘付  日本刀剣保存会鑑定書付
     
しのぎ刀剣美術館