脇差 (銘)  山城大掾源国重         江戸時代 (寛文頃)    備中国
        
      [体配]、本造り庵棟、 身幅重ね共に尋常で中切っ先の造り込み。
            刃長47.1p 反り0.1p、元幅2.9、先幅2.5p、元重7、先重5o。
       [彫刻]、無し。
       [地鉄]、板目、地沸厚く付く。
       [刃紋]、互の目乱れ、良く沸付き匂い深く明るく冴える。
       [帽子]、先、掃き掛けて返る。 
       [茎、]、うぶ茎、筋違ヤスリ。
      
       俗名は大月伝七郎、大月市蔵国重の門人で山城大掾を受領、江戸、作州津山でも打つ。      




    白鞘付  日本刀剣保存会、鑑定書付
     
しのぎ刀剣美術館