脇差 (銘)  奥州太郎直吉作之         江戸時代 (末期頃)    陸奥国
        
      [体配]、平造り庵棟、刃長32.6p 反り0.6、元幅2.6、先幅1.9p、元重7、先重5o。
       [彫刻]、表裏に変わり樋の彫刻がある。
       [地鉄]、正目流れて詰み無地風。
       [刃紋]、小沸付く直刃、浅く湾れて、刃中砂流しかかる。
       [帽子]、先、掃け心に丸く返る。 
       [茎、]、うぶ茎、化粧筋違ヤスリ。
      
       奥州太郎と号す、この直吉は名鑑も漏れです。      





    白鞘付  保存刀剣鑑定書付
     
しのぎ刀剣美術館